伝統と技術 1ch

大渡獅子保存会の獅子舞稽古

スポンサーリンク

https://youtu.be/oaBiwzr0v60

川尻町大渡の「大渡獅子保存会」が河尻神宮大祭に奉納する獅子舞いの猛特訓を行っている。
最近では、少子化・高齢化の影響で舞い手不足に悩みながらも200年続く伝統の技を維持している。
太鼓やしの笛が奏でられる中、子ども達は大人の厳しい指導にも熱心に舞いの演じ方を習得している。
「大渡獅子保存会」の舞いは躍動的な舞いで、特に前方の舞い手を後方の舞い手が肩車で歩く姿は、威風堂々として勇壮。
保存会では「子ども獅子舞」や「花噛み舞」など4演目を練習しており、どの獅子舞いが奉納されるのか楽しみである。
なお、「大渡獅子保存会」の舞は、19日12時半からの奉納予定である。

スポンサーリンク
川尻の精霊流し

かわしりTVが運営する外部サービス