エンターテイメント

三味線が醸す日本酒会

スポンサーリンク

9月23日、瑞鷹の東肥大正蔵で三味線の音に浸りながら日本酒を楽しむ酒会が行なわれた。

主催は熊本市内の飲食店「醸音(かもね)」店主の池田朋弘さん。
三味線奏者は山影匡瑠(やまかげまさる)氏で、演奏したオリジナル曲の「醸音〜祈〜(じょうおん)」は、山影さん自身「日本酒を飲みながら聴きたい音楽」をということで作られた曲。65名の酒会参加者を魅了しつづけた。

酒会では酒米をテーマにトークショーも開催され、「酒米ハンドブック」著者の副島顕子さん、瑞鷹「崇薫」に使う酒米生産者の稲本薫さん、蔵元の吉村謙太郎さん、主催の「醸音(かもね)」店主、池田朋弘さんがそれぞれ持論を展開した。

スポンサーリンク

コメントする

コメントをください。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

川尻の精霊流し

かわしりTVが運営する外部サービス