イベント 1ch

全国御蔵サミット 2010年5月16日(外城蔵)

スポンサーリンク

https://youtu.be/IR39S3SHpjc

~全国に四か所しか現存しない藩蔵の保存、活用を考える~
”全国御蔵サミット”が5月16日(日)、熊本市 川尻公会堂で開催されました。(主催 川尻文化を考える会)

現在、川尻の御蔵は外城(とじょう)にある2棟のみとなっており、 全国をみても、川尻町のほか、岩手県盛岡市、鳥取県湯梨浜町、熊本県宇土にそれぞれ現存するのみとなっているそうです。今回、その3か所各地(岩手県盛岡市、鳥取県湯梨浜町、熊本市川尻)の関係者が川尻公会堂に集い、それぞれの御蔵の現状報告と、「今後の御蔵の活用と町興しについて」をテーマにパネルディスカッションが行われ、サミットの最後には、文化を考える会 事務局長 福山龍太郎氏よりサミット宣言が発せられました。

江戸時代、川尻町の船着場は大変な賑わいだったそうです。船着場は周辺各地からの年貢米の集積・搬出の拠点として存在し、その年貢米を保管していたのが今も残っている外城蔵です。船着場跡や外城蔵跡は”川尻町の賑わいを象徴する町のシンボル”として、これからも保存と活用をしていかなければと考えさせられました。

主催の川尻文化を考える会では、この外城蔵2棟や船着場跡等を国指定重要文化財(史跡)とすべく申請されているとのことです。

スポンサーリンク

コメントする

コメントをください。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

川尻の精霊流し

かわしりTVが運営する外部サービス

「1ch」カテゴリの人気記事ランキング

Sorry. No data so far.